30歳。時速30km以上の巡航速度を手に入れるために、通勤用のスペシャライズドMTBを購入。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スペシャライズド ピッチエキスパート27.5  レビュー

通勤や初めてマウンテンバイクを購入しようと考えている人へ向けたレビューです。
準備などなども含めて必要な道具や装備品もあわせて書いていきます。

このブログは今後更新しながら最新を保とうと思いますので、チェックしていてください。

【購入した自転車と所感】

スペシャライズド ピッチエキスパート27.5(2018モデル)

これに決めた理由は行きつけの自転車屋のオーナーが

スペシャライズド推しで目がキラキラしていたから。
多分ロードバイクも乗り換えの時、S-worksとか
ちょずいたものを買いそうな予感。
(ちょずいた=調子こいた)←最近、若い後輩社員に教えてもらいました。

スペック条件でオーナーにお伝えしたのが
10万以下の油圧ブレーキ付きの超エントリーグレード(6-7万程度)
実際盗まれる危険性を考えてグレードに不満が出ても仕方ないという条件。
(どうせホイール変えるけどね。。。軽量化したいし)

【購入の経緯】

・通勤片道13㎞の往復(計26km)
・子供が補助輪で自転車を乗り始めた。

一番は子供と遊びに出かけたときに、ロードバイクだと
危ないときに子供の自転車の進行方向に被せたり、自転車ごと飛び込んで防げない。
低速での走行が厳しい。
子供を守るために飛び込んで壊れても直すパーツが豊富ですが、ホームセンタに売っている自転車だと壊れたら買い直しになるのであまりおすすめできません。

ついでに通勤すれば半年でペイできる。

なので、基本的に子供と遊ぶために妻に相談して
子供と私でWinWinに出来ることを考えて購入しました。
私は恐る恐る妻に提案しましたが、
「あんなに自転車やりたいって長男言ってるんだから買うべきでしょ」と
逆にドヤ顔されました。ありがたや。

 

【最初の印象】

MTBもそれなりに見たり試乗していたので
目だけが肥えてしまっていて、やはり一目見たときは
「ちゃっちいな」と感じました。

納車までによくよく考えたら、入門MTBでケーブルを
チューブに通していることはすごいことですよ。いやホント。

他のパーツとかはどうしても弱々しく見えますが、
押さえているところはしっかりしてます。

まずはフロントサスペンション。
ロックアウト機構がついていて、減衰の性能がスペシャライズド監修?によって
カスタムされています。
個人的にはカッコよさ的にはFOXというメーカーのフロントサスペンションが欲しいです。
+15万のMTBであれば純正で装備されたりしてます。

ギア系統のコンポは変速性を考えていて、リアディレーラーは
シマノの【Shimano Deore 9-speed】が載っています。
MTBだと中の上レベル。

やはり購入するときはカッコよさから入ればいいと思うところもあります。
そういう意味ではホイールベースや重心のバランスとして27.5インチのMTBで
良かったと思ってます。
東京で暮らしていた時はトレックのマーリン6を通勤で使用していて
29インチでした。29erもとてもいいのですが製品美については27.5が好きです。

業界としては29erが主流になっていて、走破性もピカイチですので
お好きな方は29erをとてもオススメします。
私はもし次もう一度別のMTBを買うなら、私は27.5インチのフルサスペンションが欲しいです。

【即時もしくはしばらくしたら交換するべき点】

  • 第一位 シートクランプ

通勤に使うならサドルは盗まれる前提で交換しましょう。
マーリン6では悲しい思いをしました。

私はこれを注文してます。

KCNC 自転車 軽量 シートポストクランプ ロードライト チタンボルト 31.8MM レッド 653164

新品価格
¥2,073から
(2019/1/17 12:30時点)

  • 第二位 シートポスト

やはりグレード的には重たい部類に入るので
ダンシングしたときにダルさを感じます。

7075Tとかの材質のアルミが良いでしょう。
軽くていいです!
購入日に書いているブログなのでまだ買ってません。

  • 第三位 チェーン

このチェーンKMCというメーカーの物ですが、
一年ちょい乗ったらすぐ伸びて交換時期に来てしまいます。
特に初心者は重たいギアを回してしまいがちなので伸びやすいかもしれません。
ま、交換するときはシマノの9速チェーンに交換しましょ。
新品ですぐに交換する必要は全くありません。

シマノ チェーン CN-HG93 9段対応

新品価格
¥2,262から
(2019/1/17 12:34時点)

  • 第四位 サドル

これもできれば軽いものにした方がいいですが、
用途によってはケツが痛くてどうしようも無くなるので
慣れるまでは重たいことを我慢して柔らかい純正品を使いましょう。
スペシャライズドのサドルは性能的には悪くないです。
むしろとても軽いし良いです。あとはケツ次第。

  • 第五位 タイヤ

初心者の皆さん。ホイールとタイヤをセットでは話をしてません。
ホイールはそのままでタイヤだけ変えるという意味です。
オフロード乗るのであればそのままでいいですが、オンロードで
通勤だけならセミスリックに履き替えると抵抗が低くなるのと
重量が軽くなるので脚への負担が減ります。
実際は履きつぶしてからでもいいかと。私は純正のままです。

もし買うならこれかなー。

Continental(コンチネンタル)Speed King ll Race Sport スピード キング レース スポーツ (27.5×2.2) [並行輸入品]

新品価格
¥5,980から
(2019/1/17 12:37時点)

【注意事項】

MTBは頑丈でちょっとやそっとだと壊せませんが、
注意したいことがいくつかあります。
今回は私の購入したピッチエキスパート2018に準拠して
お話をします。

【フロントサスペンションにロックアウト機能がついている。】

ロックアウト機能はダンパーの沈み込みを止める機能です。
平坦での道はペダルを踏み込んだ時に沈み込み、ロスになりますが
ロックアウトさせるとダンパーについている弁を閉じるので
ダンパーがほとんど上下運動しなくなります。
その弁を閉じっぱなしにしてしまうと、大きな衝撃が加わったときに
弁が壊れてロックできなくなる恐れがあります。
なので一時的に使用して、必要ないときは弁は解放しておきましょう。

実際はちゃんとした自転車のちゃんとしたサスペンションの
ショック吸収を楽しんでもらいたいです。

【油圧ブレーキ】

・整備編

油圧ブレーキについて素人は調整しようとか考えてはいけません。
自動二輪のブレーキオイルを交換できるとか、
車のブレーキオイル交換できるとか、そういう類の人以外は
自転車屋に頼むべきです。
自動車整備士でも、、、DOT3とかDOT4とか入れないでくださいね。
ちゃんとミネラルオイルだけしかダメですよと書いてあるので。

シマノ(SHIMANO) ディスクブレーキ用ミネラルオイル 1L KSMDBOILO

新品価格
¥1,623から
(2019/1/17 12:38時点)

 

・使用編

自動車免許を持っている人はおそらく習ったかと思います。
下り坂などでブレーキをかけっぱなしはやめましょう。
フェード現象と言ってブレーキが効かなくなる恐れがあります。
掛けて、離して、掛けて、離してを繰り返せばブレーキ面も冷えるので
問題ありません。
もう一つ、MTBのブレーキパットは小さいので熱でボロボロにくずれて
使い物にならなくなる可能性があります。
程度はブレーキパットにもよりますが、熱をかけっぱなしは良くないです。
オイルも劣化しやすくなります。

【必要なツール・アイテム】

  • 六角レンチ5,6,7mm
  • ドライバー±(2番から4番程度)

基本は初心者が調整を行うのであれば、この2種類で事足ります。
私はこれを使ってます。まとまっているし軽いから好きです。

 

ボンダス ナイフ型六角レンチセット7本組 ミリタイプ HF7MS

新品価格
¥987から
(2019/1/17 12:48時点)

アネックス(ANEX) クイックボール60 ボールグリップ ラチェットドライバー No.395-D

新品価格
¥1,023から
(2019/1/17 12:51時点)

 

  • 専用空気入れ(メーター付き)

アルミ製フロアポンプ [エアゲージ装備] イエロー 米式/仏式バルブ対応 英式クリップ付属

新品価格
¥3,383から
(2019/1/17 13:15時点)

バルブがママチャリとは違うので注意しましょう。

ロードバイクは仏式、MTBは英式バルブです。私は上に記載の両方使えるパナレーサーを使用してます。

走行に必要なアイテム
  • 速度計(サイクルコンピュータ)

距離と時間、速度が分かればいいと思います。
ケイデンス(ペダルを回す回転数)まで計れるのがあれば尚良いです。
1000円2000円高いですが、絶対的に無線が良いと思います。

候補としては以下です。

1.キャットアイ センサー類がセットになっているので一番おすすめです。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ PADRONE SMART スピード ケイデンスキット CC-PA500B/ISC-12 Bluetooth SMART対応

新品価格
¥10,519から
(2019/1/17 13:25時点)

2. ガーミン 高いですが、歴が長い人ほど使用しており長く続けるならコレが最高です。

GARMIN(ガーミン) Edge520J 136807

新品価格
¥34,641から
(2019/1/17 13:25時点)

3. レザイン 使っている人が居て視認性の良さと作りの堅牢さが良いです。

LEZYNE(レザイン) スーパーGPS サイクルコンピュータ 日本語対応 超高機能・大画面 【日本正規品/2年間保証】

新品価格
¥18,144から
(2019/1/17 13:27時点)

 

ライト

前後あるといいですし、前は良いのを選んでください。速度によっては視認性が悪くて落車します。(後ろは義務じゃないですが、追突されます)

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC USB充電式

新品価格
¥10,069から
(2019/1/17 13:42時点)

グローブ

私はグローブについては指全て隠れるものにしてます。
スマホとかは触らないので(走行中はやめてください)
ケガのリスクを考えて指まで隠れるものにした方がいいと思います。

安すぎるものを使ったことはありますが、3回のライドで穴が開きましたので

今はパールイズミというメーカしか使っていません。

(パールイズミ)PEARL IZUMI サイクリング グローブ UV フルフィンガーグローブ 28「メンズ] 12 ブラック S

新品価格
¥4,073から
(2019/1/17 13:55時点)

ヘルメット

突発的に車にはねられたらひとたまりもありません。

必ず購入してください。

これについてはちゃんとした自転車屋で見てもらってください

知らないままネットで購入はお勧めしません。

ズボンを縛るやつ

チェーンオイルで真っ黒になります。必須です。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) サイクリング スソ用 ハイグレードセフティバンド SB-21 B360021BL

新品価格
¥508から
(2019/1/17 13:59時点)

実走インプレ

まず、私がのったことのある対象です。
これを基準に話をすることになるので、
初心者の方には多少参考にはなるかなと思います。

MTB
・トレック マーリン6 29er(1000km前後)
ロード
・トレック マドン2.1(4000km前後)中古で買ったときの写真です。(現役)

Trek Madone 2.1

・KHS 2012年モデル不明(50km前後)
・トレック エモンダSL6(20km程度)
ママチャリ
・パナソニック 子供二人乗れる電動自転車(20km前後)

スピードはロードバイクには遥か及びません。
そういうことで感想は書きません。
電動自転車とマーリン6がベースとなります。

第一印象
おい、思っていたより軽いぞ。マーリン6が重たかったか。
フロントサスペンションの吸収もマーリン6より良い。
2万程違うだけあるなと感じました。
低グレードの2万はそれほど変わらないと思っていましたが
どちらを買うかと言えば今回購入したピッチエキスパートに軍配があがります。
かなり2万円の差は出ています。29erの自転車ということも大きいでしょう。
巡行についても苦は無いです。
走行感

第一印象が強いのですが、軽く乗り心地も良い。
最初の一台にするなら間違いなくオススメです。
特にMTBのゴツさが好きで、ホームセンターに売っているMTBっぽい
悪路走行禁止車に乗ったことがある人なら、この軽量感に良い印象を
感じてもらえると思います。

最後に

私が知っている自転車屋さんの3件から聞いた話で初心者の
大多数購入されているのはクロスバイクが6割占めていて、MTBは1割程度とのことでした。(統計値には達していないので参考までに)
実際、街中で見るのは5-7万前後のクロスバイクです。
MTBはまず街乗りで見たりしません。
誰も見ては居ませんが、希少ですので人と違うのが好きであれば
間違いなくMTBは勧められます。クソ丈夫ですし。

私はメインにロードバイクを乗っているため、ロードとMTBの中間を買うという
選択にはまずならなかったのでMTBを購入しました。
もし、ロードバイクを購入したいと考えているのであればMTBを先に購入した方がいいと思います。
むしろ乗り方が全く違うので最初からロードバイク買いましょう。
MTBはポジションが違うのとバイクコントロールのために違う筋肉が必要になってきます。
世界のプロを見てもオフシーズンはMTBに乗っていたりMTB競技出身のロードレーサーも居ます。
素人考えでプロでも恩恵があるなら私にも効果あるだろうと思ったのが心の奥底で
欲しいと思ったきっかけです。
しかも通勤で使って月間500km位走ることになるのでラッキーじゃないですか。

遊び程度や通勤で使用するなら、MTBはカッコで選んでいいと思います。
愛着は持てないけどスペック良いから仕方なくとなるとあまり大切に出来ないからです。

最初は本当に値段の障壁があると思いますので、後悔しない自転車を選んでください。
初心者でも出来るようにこのブログでもパーツ交換や調整の記事を書いていきたいと思ってます。

微力ながらあなたが良いバイクに出会えるよう情報を提供していきます。
それでは、良い自転車ライフを!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る